仙台 トイレのリフォームならサイトホームにお任せ



こちらのページでは仙台でトイレリフォーム実績が豊富なサイトホームが、トイレをリフォームされたい方への基本的な知識から実際に行ったリフォーム実績までご紹介します。


トイレリフォームをする前に

トイレのリフォームを検討されはじめた方に、まず知っておいていただくと良い内容をまとめさせていただきました。 トイレリフォームで多いお悩みや、どんな工事をどの程度の工期で行うかなどもご紹介します。

続きはこちらから

トイレリフォームをする前に


トイレ リフォーム 費用 相場

光熱費や長く使っていくことを考えると、初期投資として機能性のあるトイレを採用されることもおすすめです。 このページではトイレリフォームを行う際の費用相場をご紹介しています。


続きはこちらから

トイレ  費用 相場


トイレ まるごと リフォーム

お手入れがしやすいトイレ、高齢の方も使いやすいバリアフリーなトイレ、ホテルライクなトイレなど、トイレ空間にこだわりを持たれている方に、ぜひご参考にしていただきたい内容をご紹介します!

続きはこちらから

トイレ まるごと リフォーム

おすすめトイレリフォーム商品を見る

トイレリフォームキャンペーン


トイレリフォーム施工事例はこちら




トイレリフォームをする前に | 節水トイレ 温水洗浄便座などに交換するポイント


トイレリフォームをする前に


トイレは水回りの中でどなたでも毎日使われる場所だからこそ、満足できるトイレリフォームをされたいものですよね。今お使いのトイレのリフォームを検討されはじめた方に、まず知っておいていただくと良い内容をまとめさせていただきました。 トイレリフォームで多いお悩みや、どんな工事をどの程度の工期で行うかなどもご紹介していますので、ぜひご参考くださいませ。




トイレリフォームで出来ること

トイレは毎日使う場所だからこそ、使いにくさに不満を感じると毎日ずっともやもやを抱えて過ごすことになってしまいます。リフォームをご相談いただくお客様から伺った、トイレに関するお悩みランキングを第3位からご紹介します!


第3位
便座に座った時のヒヤッを無くすリフォームがしたい!
温水洗浄機能の付いたトイレにリフォームしたい!


温水洗浄機能の付いたトイレにリフォームしたい

第2位
節水トイレにリフォームして光熱費を節約したい!


光熱費を節約したい!

第1位
汚れや経年劣化で古くなったトイレをリフォームして新しくしたい!


汚れや経年劣化で古くなったトイレをリフォームして新しくしたい!

ランキングさせていただきましたが、お住まいを建てられた際に設置し20年・30年ほど同じトイレを使用されている場合や、中古住宅・マンションを購入して水回りのリフォームをされたいお客様の実際のリフォーム現場では、ご予算と相談されながら2位の節水トイレ・3位の温水洗浄の機能の付いたトイレにリフォームされる場合がほとんどです。

長く使用される場所だからこそ、せっかくリフォームするならよくあるお悩みが無いトイレに交換されるのがおすすめです!

  • ・和式トイレを洋式トイレにリフォームしたい
  • ・手洗い場をおしゃれにしたい
  • ・床や壁紙(クロス)もおしゃれにしたい
  • ・手すりを付けて入りやすく出やすいトイレに
  • ・今のトイレを活かして暖房便座に交換したい
  • ・トイレに収納が無いので収納棚を設置したい

ランキング以外の細かなお悩みにも対応できる場合がありますので、諦める前にぜひサイトホームにご相談くださいませ。


温水洗浄便座とは?ウォシュレットは何が違うの?

トイレで温かい便座にされたい場合、よく「ウォシュレットにリフォームしたい」というご依頼をいただくのですが、実は「ウォシュレット」はTOTOの登録商標です。温かい便座でよくあるものの正式名称は温水洗浄便座です。

温水洗浄便座とは?ウォシュレットは何が違うの?


この温水洗浄便座はtotoさんだけではなく各メーカーさんによって呼び名が異なりますが、基本的には温かい便座になる機能・お湯で洗浄する機能が付いたトイレと認識いただければと思います。


toto ・・・ ウォシュレット
INAX(リクシル) ・・・ シャワートイレ
Panasonic ・・・ ビューテイートワレ
東芝 ・・・ クリーンウォッシュ


この温水洗浄便座は、便座だけのタイプとトイレ本体として便器やタンクに温水洗浄機能が内蔵された一体型のタイプがあります。また、温水を作る機能も2種類ありますので、それぞれの特長をご紹介します。


瞬間式(瞬湯式)

温水を使用したい時に、瞬間的に温めて噴出します。使用する時だけお湯を使うので使用電力量は少なく済み、省エネ効果もあります。

貯湯式

トイレ本体のタンク内で温水を溜めておき、使用する際に噴出します。タンクの大きさから貯水できるお湯の量に限りがありますので、使用頻度が高い場合はお湯の温度が低く感じるかもしれません。また、常に一定の温度を保つために使用電力量も多く、電気代に影響が出ます。



どんな工事をするの?

トイレをリフォームする時は、具体的にはどの様な工事がされるのでしょうか。サイトホームの実際のトイレリフォーム施工を交えてご紹介させていただきます。リフォームをご依頼されたお施主のお住まいにより施工工程が異なりますので、目安としてご確認ください。

サイトホームによる施工中の様子

工事前.JPG トイレ解体.JPG トイレ造作.JPG
寒くて暗い和式トイレは、しゃがむ動作も大変です。 床の段差があったため、壁も床も壊していきます。 もともとの床がタイルだったので貼り直しをします。また、ウォシュレットを使用できるようコンセントも新規でつけていきます。

施工が完了しました

トイレ完成.JPG トイレ完成2.JPG
LIXIL「アメージュZ」を設置しました!
お掃除も楽なフチレスタイプが人気です!高い洗浄性能を維持しながら節水もできます。
床、壁も新しくなりました♪手すりも設置したので将来も安心です!


工事中はどうする?トイレが使えない?

リフォーム中はトイレでの作業をさせていただきますので、施工が完了するまではご利用できない時間が出てきます。

具体的な工期はどの程度のリフォームを行うかによりますが、便座だけを交換するパターン時の流れは比較的短時間での作業となります。トイレリフォームの工事期間は数時間~半日程度がほとんどです。


便座だけ新しいものにするリフォーム

一番工期が短く、数時間程度。施工開始前にトイレをご利用いただき、次に使用する時はピカピカの便座になっていることが多いです。

トイレ本体を交換するリフォーム

既存のトイレを撤去し新しいトイレ本体を設置させていただきますので、半日~1日程度かかります。

トイレ本体の交換と一緒に内装工事も行うリフォーム

本体だけではなく、壁紙の汚れが気になる方がエコカラットなどの消臭・防汚効果のある壁紙に変更されますが、この場合は本体交換より少し延びて1日~2日程度のリフォームとなります。

和式トイレから洋式トイレへのリフォーム

和式トイレは洋式トイレと設置方法が異なるので、床下を解体し、配管接続を行います。このため、2日~3日程度工事期間が必要となります。

半日~1日程度ですが、その間トイレをご利用いただけないので、ご自宅にもう一つトイレがある場合はそちらをご利用いただくのですが、近隣のスーパーなどのトイレや、公衆トイレが使えるかご確認お願いいたします。

仮設トイレを設置することも可能ですが、基本的にレンタルのものを使用しますので、1日2万円ほどかかってしまいます。ご家族とお住まいの状況に合わせてご相談くださいませ。



失敗するかも!そのリフォーム

自分でトイレリフォームをできないか?費用を削減するために、DIYの延長でトイレリフォームを検討される方もいらっしゃるかもしれません。

最近は壁紙を好きな柄に簡単に貼れるシールのようなものも販売されていますし、ニトリさんやインテリア用品店ではおしゃれなトイレでの収納グッズも売っています。

全てリフォーム業者に依頼しなければ失敗する!といったことはないのですが、プロが施工しなければ漏水や再工事になってしまうポイントをご紹介します。

トイレ便座の交換

既存のトイレの便座だけを温水洗浄付のものに変更する、綺麗な便座に交換したいという場合です。便座だけだと一見簡単の様に見えますが、不十分な知識での作業が水漏れにつながってしまいます。

また、totoやLIXILさんなどでは標準と大きめのサイズがあり、合っていない便座を自分で取り付けると不格好でお手入れがしづらいトイレになってしまうのでご注意ください。

トイレの給排水菅・電源工事

トイレの給排水管工事を行う時は給水装置主任技術者という国家資格を持っていないと工事を行えません。また、電源を作りたい、増設したいという場合も電気工事士という資格が必要な作業となりますので、ぜひご自身で行わずリフォーム業者にご依頼くださいませ。


トイレ まるごと リフォーム 目次に戻る トイレ リフォーム 費用 相場


トイレ リフォーム 費用 | リフォームの価格や相場のポイント


トイレ リフォーム 費用 相場


トイレは水回りの中でどなたでも毎日使われる場所だからこそ、満足できるトイレリフォームをされたいものですよね。各メーカーさんのトイレの性能も高くなっているので、ご予算に余裕がある場合は節水・防臭・防汚機能だけではなく、見た目もデザイン性のあるものやスッキリしたタンクレスを選ばれる方が多くいらっしゃいます。最近ですと浮いてるトイレも話題ですね。

光熱費や長く使っていくことを考えると、初期投資として機能性のあるトイレを採用されることもおすすめです。 このページではトイレリフォームを行う際の費用相場をご紹介しています。

トイレ本体の交換だけではなく内装工事を一緒にした場合や、和式トイレから洋式トイレに交換する場合の費用相場も掲載していますので、ご予算の検討にぜひご活用くださいませ。サイトホームでは、トイレリフォームの価格表をご用意していますので、こちらもご利用くださいませ。


トイレリフォームの費用相場

トイレリフォームをされる際は、費用相場から見ると30万円までのご予算がほとんどです。リフォームされたいトイレでどのようなお悩みがあるかにより、適したリフォームをご提案させていただきますので、費用相場はご参考程度にされてください。


トイレリフォーム費用相場

ベーシック
約10万円~約14万円
ミドル
約15~約29万円
ハイグレード
約30万円以上
ベーシック ~約14万円 ミドル 約15~約29万円 ハイグレード 約30万円以上


トイレ本体のみを各メーカーさんで主力のトイレにリフォームする場合や、見た目がスッキリとして流行っているタンクレストイレも10万円代で交換することができます。

トイレ本体にこだわりを持って、節水や防汚効果がハイグレードなトイレにすると費用が高くなります。光熱費の削減を考えても、長い目で見て快適に過ごせるトイレに交換されることをおすすめします。



キャンペーンの標準工事込みってどんな内容?

トイレリフォームを検討されると、明瞭価格でのトイレにリフォームキャンペーンを目にされるかもしれません。サイトホームでもトイレリフォームのキャンペーンを実施していますが、このリフォームキャンペーンで記載されている「標準工事」にはどの様な内容が入っているのでしょうか?

トイレを新しいものに交換される際は、この様な工事が必要となります。

  • ・既存トイレの撤去
  • ・給排水接続
  • ・新しいトイレの設置
  • ・紙巻器のお取替え
  • ・廃材処分

標準工事は約3万円~5万円ほどとなりますが、設置時期やお住まいの状況、「新しいトイレの本体は通販で買ったから設置だけ依頼したい」という様な特殊な場合には金額が変わってきます。

実際には交換工事のみを依頼されるよりも、標準工事込みのトイレキャンペーンをご利用いただく方がトイレ本体の値段もお安くなる場合や、リフォーム後のアフターフォローも安心してご利用いただけるといったメリットがあります。

サイトホームでは、トイレ本体と工事費用をセットでお得にリフォームいただける価格表をご用意しています。床や壁の内装工事もオプションで施工可能ですので、ぜひこちらもご覧ください!

トイレリフォームキャンペーン


こんな工事の価格はどれくらい?

お住まいの状況やお悩みによっては、トイレ本体を交換するだけのリフォームではない方もいらっしゃると思います。目安の金額となりますが、あまり他の業者さんでは解説していないトイレリフォームの費用をご紹介します。

便座だけ新しくしたい!

工期も短くお手軽なイメージがありますが、5万円ほどが相場です。


便座だけ新しくしたい!

洋式トイレから新しい洋式トイレへリフォームしたい!

こちらはこのページの最初にご紹介しました15万円~29万円までの費用が相場となります。


洋式トイレから新しい洋式トイレへリフォームしたい

手洗い場をつくりたい!

最近流行っているタンクレストイレなどの手洗いが付いていないトイレは、コロナの影響もありトイレ内に手洗い場を希望される方が多いです。後付けで手洗い場だけを工事する場合は15万円ほどの費用相場です。


手洗い場をつくりたい

トイレ本体と一緒に内装もまるごと変えたい!

壁紙や床の材質にもよりますが、30万円以上が相場になることが多いです。弊社ではもっとお値打ちにリフォームするご提案が可能です。トイレ本体のグレードを調整して、20万円などの予算内でトイレ本体も変えるリフォームプランを採用されるお客様もいらっしゃいます。


トイレ本体と一緒に内装もまるごと変えたい!

トイレの場所を変えたい、移動したい!

身体に事情がありトイレを寝室の近くにしたい等の場合はトイレ自体を移動させるリフォームが可能です。価格は約50万円以上みていただければと思います。

住宅構造で出来ない場合や、給排水の位置が変わり流水音が響く場合があるので注意が必要です。



トイレを増やしたい!

家族が増えたので1つのトイレでは不便などの場合はトイレ自体を増やすことも選択肢としてご検討いただけます。トイレを増設する場合はトイレの部屋を作る段階から始まりますので、予算としては70万円以上かかる場合が多いです。


和式を洋式に変更する時は費用が倍に?

和式トイレから洋式トイレへのリフォームされたい場合は、費用相場が30万円~50万円となり、洋式トイレから新しい洋式トイレに交換されるリフォームよりも費用が高くなります。

和式と洋式では設置方法や電線が異なるため、その分の工事費用がかかると考えていただければと思います。

また、和式トイレではタイルの壁が多いですが、洋式トイレにする際に床はフローリングやクッションフロア、壁はクロスへ貼り替えるお客様がほとんどなので、内装工事の費用も含めてご予算を検討ください。

サイトホームの和式から洋式トイレへのリフォーム

和式トイレから洋式トイレへのリフォームは、実際のリフォーム写真を見ていただくと、作業工程に違いがあることがはっきり分かるので、サイトホームが行った、和式トイレを洋式トイレにリフォームした施工事例をご紹介します。

太白区のお客様です。和式トイレから掃除も楽な綺麗なトイレに取り替えたいとご相談をいただきました。最新型のお掃除がラクラクで節水型のトイレをご提案しました!また座り立ちの動作がしやすいよう手摺バーもおすすめしました。


施工前 解体 完成
以前は和式トイレでした。しゃがむ動作も大変になってきますよね。和式から洋式へのお取替えは通常のトイレ交換よりも工事日数が必要になります。 床の段差もあったため、床と壁も壊して作り直していきます。 手摺バーは使いやすい位置に♪
壁はホーローパネルなので、マグネットタイプのラックなど自由に取付ができます!お手入れもラクラク♪



あまり費用はかけられない場合は、TOTOのスワレットのようなアタッチメントをご利用いただくことで洋式トイレ風になります。

和式トイレから洋式トイレへのリフォーム

和式から洋式へのリフォームをどの程度ご検討されているかで、見た目だけ変われば良いか・トイレ本体だけ・内装も込みでリフォームするか...とかかる費用が変わってきますので、具体的なお見積りをご希望の際はぜひ、サイトホームにお問い合わせください。


お得にトイレリフォームは出来る?

リフォームをする際、省エネや介護を目的としたリフォームであれば補助金や介護保険をご利用いただける場合があります。2020年~2021年にかけて行われたグリーン住宅ポイント制度では、節水型のトイレやお手入れしやすいトイレへのリフォームでポイントが発行されました。 

2023年3月31日までは、こどもみらい住宅支援事業という制度を利用したトイレリフォームも可能ですので、ぜひこちらもご覧ください。


こどもみらい住宅支援事業


介護を目的としたトイレリフォームでは介護保険を利用して、リフォーム費用の8割~9割を上限20万円まで賄うことが可能です。

介護保険トイレリフォーム

介護保険被保険者が要支援1または2、要介護1~5に認定されていて、被保険者証と同じ住所に住んでいることが条件となり、申請に必要な書類は資格保有者にしか作れないので、まずはケアマネジャーさんなどにご相談ください。




トイレリフォームをする前に 目次に戻る トイレまるごと リフォーム