次世代省エネ基準について

住宅の省エネ基準は1980年に制定され、平成4年(1992年)基準および平成11年(1999年)基準に改正・強化されました。 平成11年基準は「次世代省エネ基準」と呼ばれています。
次世代省エネ基準は、住まいの省エネ性を高めるための基準で、「快適性」「健康性」「環境性(省エネ)」「耐久性」の4つのキーワードで表される質の高い住まいを建てることを主目的に作られています。

また、「住宅性能表示」の「温熱環境」については、「次世代省エネ基準」をクリアすれば最高ランクの等級4、「新省エネ基準」をクリアすれば等級3となります。
このように、「次世代省エネ基準」などは、住宅の建築における省エネ・断熱性の重要な目安となっています。
まるまる快適リフォーム」は、家全体の断熱改修ではなく、お客様それぞれのライフスタイルに合わせて居住時間の長い空間「ココだけ!」断熱するリフォームです。

外気に接している天井(又は屋根)・外壁・床に断熱材を設けるようにして徹底的に断熱を行います。

それによって、家全体の断熱効果を次世代省エネ基準まで引き上げ、夏、冬の熱ロス量を基準値まで引き下げていきます。

  • 仙台市青葉区I様キッチンリフォーム

  • リフォームするなら仙台リフォーム専門店サイトホームまで キッチン、トイレ、浴室などのリフォームから、全面改装・リノベーション・新築工事まで幅広く対応。I様は以前お取引頂いたOB様です
    >>詳しく見る
LINE@友達登録キャンペーン

サイトホーム はじめにこちらをお読みください。